【保存版】 ローラースケートが子供にもたらす効果と正しい選び方解説

子供向けローラースケートの正しい選び方解説

スケートパークやイベントでローラースケートを履いていると子供たちが興味を持ってやってくることは結構あります。

スケボーをやっている少年が「あっちがいい」と言ってきたこともあります!
見ていると面白そうに見えるようですね^^

保護者の方からも

  • いつからローラースケートの練習を始めるのが適しているか
  • どこで買えるのか
  • どういったローラースケートを選べばいいか
  • 転倒や事故をしにくい安全なローラースケートはあるか
  • 値段はいくらくらいなのか

 

聞かれることがあるので今回はローラースケートを子供の頃から始めるメリットやローラースケートがもたらす効果、ローラースケートの種類、正しい選び方をご紹介したいと思います。

子供がローラースケートを始めるメリットやローラースケートがもたらす効果は?

1.体幹とバランス感覚が身につく

ローラースケートは不安定な中バランスよく滑るもの。滑りながら遊んでいるだけで自然とバランス感覚が養われ、その体幹は他のスポーツをするときにも活かされます。
またスケートパークで滑るローラースケートでは

  • スピードをつけるために膝の屈伸や手の振りを使って漕ぐ動作(全身運動)
  • 重力を理解し、その中でタイミングを掴みトリックを決める動作
  • スピードと重力と踏みこむ力を利用しながらR面に角度を合わせて滑る動作
  • 踏み込む力や膝の屈伸でスピードをコントロールする動作
  • 上半身と下半身の連動性を把握し、回転を加える様々なトリック

など、スケートボードと同様に身体能力をアップさせるのにふさわしい奥深いエクストリームスポーツ(アーバンススポーツ)です。

 EZ ROLL 子供用ローラースケート
Sponsored Link

2.集中力が身につく

上手くなってくると自分の足と同じ感覚でスイスイ滑れるようになると思いますが、スケートパークで滑るローラースケートは斜面を滑り降りるタイミングでトリックを決めるので、危険も伴います。集中しないと危ないゆえに、集中力を身につけることができます。

ユリリンマンソン
集中力って重要なスキル。

ローラーダンスも体の軸に集中しながら行わなければならないので、同じです!

3.全身運動なので肥満防止に役立つ

私ユリリンマンソンもローラースケートをしていてとんでもない思い違いをしていたんですね。足で滑るんだと思っていました。ですが、違うんです・・・
ローラースケートは全身運動なんです!

全身を使って漕がないと上手く滑れません。
こんなに息を切らしたり汗をかいたりするものだと思っていませんでした。

ユリリンマンソン
はっきり言って痩せました。

4.見られることに慣れ、本番に強いハート(メンタル)が身につく

スケートパークでローラースケートをしていると、見られます。(街中で滑ってても見られますが。笑)その視線の中でトリックを決めるメンタルを身につけることができます。

5.スケーターの社会の中で仲間を作り、マナーを身につけられる

スケーター仲間子供は他のスケーターの邪魔にならないように配慮する行動や、順番を待つというマナーなどが最初はわかりませんが、スケーターのコミュニティーに身を置いていることで自然と理解していきます。

またスケーターは基本的に年齢関係なくフラットで実力主義なところがあり、子供でも対等に扱ってもらえる関係性です。

6.どんどんできるようになっていくのが楽しい! さらに自信もつけられる

ローラースケートのうまさは滑った量に比例します。

最初は転んでばかりでも、だんだんコツを掴んでいき、いろんなことができるようになってきます。そしてそのコツコツと継続した努力をすることで自分に自信もついていきます。

子供にオススメなローラースケートの種類は??

子供用ローラースケートといっても豊富なバリエーションがあります。それぞれどう言った特徴があるのかを解説します。

クワッドローラースケート

[東方興産] カリプロ クワッドローラー CA650 パープル

【東方興産】 カリプロ クワッドローラー CA650 パープル

車輪(ウィール)が車のような形でついているローラースケート。
これが俗に言うローラースケートですね。光GENJIが履いている形です。
縦に車輪(ウィール)が4つ並んだインラインスケート(ローラーブレードと呼ぶ方もいる)よりは立った時に安定感はありますが、かかとにストッパーがついていないモデルだと尻もちをつくような転倒をしやすいです。
紐で結ぶタイプがオーソドックスですが、インラインスケートと同じようにバックルになっているタイプもあります。子供用は脱ぎ履きがしやすいモデルが楽かもしれません。

ROLLER DERBY(ローラーダービー) ROLLER DERBY Trac Star ピンク L RDU197218

【ROLLER DERBY(ローラーダービー)】 Trac Star ピンク L

サイズ調整が可能な可愛いアナ雪ローラースケートも! トイザらス限定です!

アナと雪の女王 トイザらス限定ローラースケート

トイザらス限定】アジャスタブル ローラースケート アナと雪の女王2(19~20.5cm)

 

インラインスケート(ローラーブレード)

縦に車輪(ウィール)が4つ並んだローラースケート。ローラーブレードと呼ぶ方もいますが、それはブランド名の1つです。
インラインスケートは大会なども開催されているので、クワッドローラースケートよりも将来性があるのはこちら。
ブーツはシェルという足を支える硬いプラスチック部分が外側にあり、中には取り外して洗えるインナーがあります。

車輪(ウィール)は4輪縦にならんでいるのですが、用途によって車輪のサイズ感やつき方が変わっています。ただ滑って楽しみたいのであれば「フィットネスタオイプ」で良いでしょう。

「まずお試しに」とリーズナブルなトイスケートを試すのもアリですが、もしも本格的にアグレッシブスケートをやりたいのであれば、後々ちゃんとしたものを購入することになります。

 

インラインスケートブーツ
アグレッシブスケートは画像のように真ん中の2輪は小さく、引っ込んでいて、実質2輪で滑っているような形になります。
スラローム用は車輪(ウィール)が大きく旋回性能が高く曲がりやすい仕様となっています。

本格的なインラインスケートにオススメなブランド

  • K2(ケーツー)
  • FILA(フィラ)
  • ROLLERBLADE(ローラーブレード)
  • SEBA(セバ)

HELLYS:ヒーリーズ(ローラーシューズ)

ちょっと前に子供達の中で大ブレイクしていたローラーシューズ、HEELYS(ヒーリーズ)!HEELYSならではの2ウィールは、前輪が補助輪の役割をするので、初心者の方でも早く滑る楽しさを体感することが可能となっています。
基本的には靴なので危険性がないのが最大のメリット!

あまりにもみんなが履くのでイオンなどの大手ショッピングモールに「ローラーシューズ禁止」の張り紙がしてありますね。注意されないように気をつけてくださいね。笑

 

ユリリンマンソン
私が子供なら無視してイオンで滑っちゃうだろうな〜笑
heelys-pulse4_3

ヒーリーズ パルス4 ローラーシューズ HEELYS PULSE4 2輪タイプ

 

ヒーリーズ

ヒーリーズ プラスX2 ローラーシューズ HEELYS PLUS X2 2輪タイプ

靴の上から着脱可能なローラースケート

現在のアラフォー世代が懐かしむと思われる靴の上から着脱可能な装着型ローラースケート。今もあるんです。しっかりローラースケート楽しみたいという子供にはあまりオススメしませんが「まずは試したい」「コスパ重視」という方にはいいと思います!

着脱可能ローラースケート

 子供用ローラースケート 着脱 調節可能 19〜24cm キッズ 選べる6色

そして次世代! こういうのも出てます。フラッシュローラー! もっと着脱が楽になっていてシューズサイズは約19〜27cm(横幅65~86mm)まで装着可能。ローラー部分は電池なしで、レインボーカラーで光ります!

フラッシュローラー

ラングスジャパン(RANGS) フラッシュローラー  ピンク

いつからローラースケートの練習を始められる?

Silver fox EZ ROLL 子供用ローラースケート

少し早いかと思われるかもしれませんが3歳ごろから滑ることできます。
市販のローラースケートの最小サイズは14cm。足がそのサイズに合うようになれば大丈夫です。商品によってはダイヤルでサイズ調整が可能な可変式ローラースケートもありますので、成長期の子供にはそちらをお勧めします!

Silver fox EZ ROLL

【ROLLER DERBY】 EZ ROLL(イージーロール) ローラースケート

子供用にどんなローラースケートを選ぶのが良い?

1. 成長期の子供にはサイズ調整可能な可変式ローラースケート

大人用のローラースケートはつま先にゴムのストッパーが付いているのですが、小さい子供は安全のために後ろにストッパーがついているものがオススメです。

先ほどもお伝えしたように、子供は成長が早いのでサイズ調整が可能な可変式ローラースケートをおすすめします。その方がコスパもいいですしね。

少し成長すると、大人と同じつま先にストッパーが付いているものに変えるといいと思います!

ユリリンマンソン
もちろん自信があるなら最初からつま先にストッパーがついているものをおすすめしますよ!

こちらはサイズ調整可能な幼児用ローラースケート、EZ ROLLを愛用中のエミリー!(14cm〜17cm)

2. 可変式じゃないものなら少し大き目を購入しよう

ぴったりのサイズを買うよりも少し大きめでいいと思います。成長途中ですし、中にインソールをいれることもできますので。キツキツのローラースケートを履くのは痛すぎて辛いです。

3. 汗っかきの子供たち! インナーが取り外せて洗えるものもGOOD

インラインスケートは外側がプラスチックで、中が布製のインナーがある仕様です。クワッドローラースケートも同様の仕様になっているものがあります。インナーが丸洗いできるものは清潔を保てるのでいいと思います。

4. やっぱり見た目が気に入ったものを!

なんだかんだ続けないと買った意味がない! 見た目が気にいるのも大事な要因かと思います。私ユリリンマンソンも一目惚れからのスタートでしたからね!

moxicrew

子供がローラースケートを始めるのに、一緒に買うものは?!

手首、肘、膝のプロテクターとヘルメットは必ず用意してください。

ヒップパッド(尻あて)もあるとさらに心配なし!

 

ポップでビビットなカラーバリエーション! INDUSTRIAL(インダストリアル) 子供ヘルメット

INDUSTRIAL(インダストリアル)セーフティーヘルメット
INDUSTRIAL(インダストリアル) 子供〜大人用ヘルメット

低価格で高品質!ビビットでカラフルなカラー! ステッカーを貼ってカスタマイズしてもカッコイイ!

しりもちついても大丈夫! Kufun 服の上から装着できる子供用ヒッププロテクター(ヒップパッド)

ヒッププロテクター ヒップパッド
Kufun 服の上から装着できる子供用ヒッププロテクター(ヒップパッド)

あなどれない尻あて。あるのとないのでは大違い!子供には服の上から装着できるこちらがオススメ。

 

リーズナブルでかわいい WinLineの肘・膝・手首のプロテクター3点セット

WinLine キッズプロテクター3点セット
WinLineの肘・膝・手首のプロテクター3点セット

とにかくお手軽な価格でプロテクターが欲しい方に。カラフルでかわいい!



ランキング形式でオススメローラースケートを紹介しているページはこちら

【保存版】オススメの子供用ローラースケートをランキング形式でご紹介! 購入も可能。

Sponsored Link
子供向けローラースケートの正しい選び方解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です